DAIFUKU Always an Edge Ahead

【お電話によるお問い合わせ】03-6721-3530 FA&DA事業部 メディカルソリューショングループ 受付時間 9:00〜17:30 (土日祝日および当社指定の休業日を除く)
メールによる お問い合わせ
 

導入事例

  • 1
  • 2
CASE22
田中薬局有限会社
鳥取県東伯郡湯梨浜町

高齢化地域の『かかりつけ薬局』として患者様に寄り添う

来局する患者様の平均年齢が70歳を超える「たなか薬局」。患者様のために出来ることは何でもやり、強固な信頼関係を築いてきた。患者様へ精確に投薬する為に導入したauditは、同薬局にとって必要不可欠なシステムになっている。

CASE23
薬局ホームケアファーマシー
鹿児島県鹿児島市

心のこもったコミュニケーションが薬局の信頼を築く

患者様との信頼関係を最重視し、コミュニケーションが取りやすい環境を整えてきた「薬局ホームケアファーマシー」。患者様からの問合せに対し記憶を頼りに対応するほか無く、解決策を模索していた。auditを導入し、患者様に納得してもらえる説明が可能となった。

CASE24
丸一薬局
長崎県長崎市

会話を通し患者様と共に病気に向き合う

「患者様の健康状態を聞きとり、共に治していく。」との思いを実践するためには、少なくとも安心して投薬ができなくてはいけない。しかしどんなに冷静でいるつもりでもミスは起こる。調剤監査システムauditは「忙しいときこそ活躍している」

CASE25
げんき薬局 西蒲田店
東京都大田区

機械化で「作業」を軽減、働きやすい環境を整備

自然な作業の流れの中で複数の薬剤の種類と数量を手早く簡単にチェックでき、監査の記録も自動で残せるaudit。機械化システムを会社が積極的に取り入れてくれ「薬剤師本来の業務に専念でき、働きやすい環境を整えてもらっている」と管理薬剤師は笑顔で語る。

CASE26
ケンモツ薬局
千葉県君津市

信頼してくれる患者様を裏切らないために

ダブルチェックの体制を取るものの、不安を解消できるまでには到らなかったという。auditは操作が簡単な上、監査をすると履歴が自動で残ることから不安を感じた時やお問合せをいただいた時にすぐに投薬結果を確認できる。信頼してくれる患者様達にも安心してお薬を渡せるようになったことが何より嬉しいという。

CASE27
ツケダ薬局 本店
北海道室蘭市

監査記録が残る安心感が薬剤師の業務を支える

監査したものに間違いはないかという疑心暗鬼のなか業務を行っていた。実際に投薬時に間違いに気づくこともあった。投薬後のふとした瞬間に正しく出したか不安に駆られ、このままでは「メンタルが持たない」と感じていたという。

CASE28
聖隷富士病院
静岡県富士市

調剤過誤から脱却 病院でも実現可能な間違えない仕組みづくり

病院内で発生した過誤インシデントの約3割が調剤を含めた薬剤に関わるものだったという。実際、規格違いの薬品を多く取り揃える薬剤課では、取違えによる調剤過誤のリスクを常に抱えていた。

CASE29
てる薬局蟻ヶ崎店
長野県松本市

患者様一人ひとりと信頼関係を築くために

「安全に薬をお渡ししたい」「スタッフが安心して働ける場所にしたい」と考えていた赤羽氏。「理想通りの機能を兼ね備えたaudit」と衝撃の出会いをし、即座に導入を決めた。

CASE30
ヤマザワ調剤薬局 宮城野原店
仙台市宮城野区

総合病院の難しい処方でこそ効果を実感

auditを導入することでスタッフの経験に依存しない環境を構築した「ヤマザワ調剤薬局 宮城野原店」。総合病院の複雑な処方箋さえ過誤がゼロになった。「種類の多い処方ほど効果を発揮する」とその効果を実感している。

CASE31
株式会社アプリコット あんず薬局
富山県黒部市・入善町

「信頼と安心感」を土台に薬局の事業領域拡大に挑む

「薬をもらう場所」という枠組みを超え「地域の人々も楽しめる空間」にもなっている「あんず薬局」。精確な監査と記録が残る安心感が薬剤師を支え、薬局の事業領域拡大をサポートしている。

CASE32
株式会社ジャストメディクス
愛知県一宮市

経営主導で取り組む調剤業務の合理化

ますます厳しくなる薬局の経営環境。地域住民から求められる薬局像を目指し、経営主導で調剤監査システムauditを導入した「株式会社ジャストメディクス」。『モノから人へ』の比重を高めつつある現場で、auditは調剤業務の合理化に貢献している。

CASE33
株式会社キリン堂
大阪市淀川区

全調剤店舗へauditを導入、利用者へ安心・安全を提供

これからの医療業界で大きな役割を担うであろうドラッグストア。「株式会社キリン堂」は全店舗へauditを導入した。調剤ミスの減少のみならず店舗間の均質化といったチェーン店特有の課題も改善し、利用者へさらなる安心・安全を提供している。

CASE34
株式会社サッポロドラッグストアー
札幌市北区

ドラッグストアチェーンとしていち早く『audit』を導入、安全基盤を確立

『サツドラ』の愛称で広く道民に親しまれている「株式会社サッポロドラッグストアー」。次々と新たな挑戦を続ける同社にとって、調剤現場で高い安全性を確保するauditは大変心強い存在となっている。

CASE35
株式会社ケンユウ
新潟県新潟市

『薬局本来の仕事』に注力、導入効果を実感

患者様への安全な医療の提供のみならずスタッフが抱える悩み・不安を取り除きたいと考えauditを導入。
医薬品の取り違いミスを未然に防ぐなどヒヤリハットがほぼ『0』になったと導入効果を実感。
auditを活用することにより、患者様と話す時間をつくりだすなど薬局本来の仕事に注力し、より良いサービスを提供し続けている。

  • 1
  • 2